スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
無限拳
「創聖のアクエリオン」観ました。
あくまで個人の意見ですから、興味があればお読みください。


マクロスを手がけた人が監督をした合体ロボットアニメということでそれなりの期待をしていた作品でした。いや、ホントに。
第1話からだいぶブッ飛んだ内容で、いや、ブッ飛んだ合体の表現というべきか・・・初めのうちはそっちが気になってストーリーとかアクションとかが頭に入ってこなかった。
ま、話が進むにつれて、その肝心のストーリーも「う~む・・・」と言わざるを得ないことがわかってきたわけだけどもね。特徴として、ストーリーの本筋とは離れたお遊び的エピソードが多いように思ったね。そのため、一つの物語としてのまとまりに欠ける気はしたけど・・・ま、サザエさん的な感じがするから別にいいんじゃね。
あとね、最後のボス的なものがどうなってらっしゃるか・・・・?毎シリーズ、ラスボスがアレな「グラディウス」みたいな感じだったな。個人的には、強大な悪の親玉をやっつけて終わるパターンが
スキダカラーーーー!!

ロボットについて。どうやら玩具でも合体機構を実現できるようなロボを考えたらしく、それを生かして実に多様な形態を劇中でも見せております。素晴らしいね。必殺技も実にファンタジーに溢れてるじゃないか・・・

・・・そう、全体的にファンタジーすぎるんだなぁ。世の中、ロボットアニメは「スーパーロボット」と「リアルロボット」の2つにジャンル分けされることが多いのですが、新たに「ファンタジーロボット」っていうジャンルを作らなきゃいけないと思うわ。ロボット自身に意思がある、っつーなら話は別ですけれども、感情一つでロボットが動かなくなったり、大破してんのに動くようになったりするわけないさ。所詮アニメは全てファンタジーではあるんだけれど、ある程度のリアリティは欲しいところですよ。
まー、こーゆーのが好きな人も多々いる。娯楽としてはピカイチだもの。
だからこそ新ジャンルを(ry

合体機構、アクション、BGMは非常に良かったと思います。ご期待ください。

個人的評価:☆☆+ (5点満点中)

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ホビー | 16:19:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。