スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Under Investigation
勉強も強制的にやらされている、やらなければいけないと思うと効果は半減です。
そんな感じっす。

パトレイバーの劇場版1作目と3作目を立て続けに観たので雑な感想を。
既に観た2作目も合わせて、流行のミシュランばりに☆をつけてみます。
(ネタバレ注意報)

1作目:2作目を見た後だったので、キャラの書き方に少し面食らう。劇場版は総じてシリアス路線なのだが、この頃はまだアニメタッチが抜け切れていないというか、目の大きさが微妙。内容的にはまずまず。そんなにうまくレイバーの暴走が始まるもんかね?と多少首をかしげる部分もあるものの、他の2作にはない二課の躍動感あふれる活躍ぶりが描かれている感じです。難解なセリフや伏線がさほど出てこないので初めに見るにはいいかもしれない。ギャグテイストも残されているのでね。
個人的評価:☆☆☆+

2作目:一番最初に見た劇場版シリーズです。話がややこしいうえ、セリフももうちょっとわかりやすく話してもらえないかなぁ、っていうのが初めの感想でした。ただ、こういう作品は何回か見ているうちにわかってきたりするんだよね。何となくわかってくると面白いじゃない!と思える作品ですよ。二課の活躍がほとんど出てこないということで不満の声もあったみたいだけども、この内容なら賑やかしはいらないんじゃない?とも思うね。最後に活躍もあったわけだし。海底トンネルでのレイバー戦はBGMと相まってかなり好きな場面でもあるんだけど。そう、BGMが全体的に良いんだよね。最後は少し切なめ。
個人的評価:☆☆☆☆+

3作目:怪獣が出るわ人は死ぬわで今までの作品とは一線を画した感じでした。絵面も全く違う。ただでさえ出番の少なかった二課の面々がさらに出番が減ってしまったので、言われなければパトレイバーだと気付かないなぁ。怪獣だ。戦うぞー。倒したー。これで平和が訪れるぞー。なんて単純な話ではないわけです。亡き愛娘への過剰な愛が生んだ騒動、そして悲劇がメインに話が進んでいきます。終わり方はまさしくバッドエンドでしたがね。漫画版のリメイクらしいですね。漫画の方はこの話まで読んでいないので詳しくはわかりませんが、ここまで重い感じではないんでしょうね。レイバーVS13号の後ろで流れる「悲愴」と、冴子と秦の切ないお話がグっときました。
個人的評価:☆☆☆+

パトレイバーの良きところは、他のアニメにありがちな「いかにも近未来」ではなくて、比較的身近な日常の中でメカがウィンウィン動く所なんだす。
はぁ・・・長かった。もうしばらくパトレイバーはいいや。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

ホビー | 23:40:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。