スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上から88、59、89
良いニュースと悪いニュースがあるんですけど。

じゃあ良い方から。
U-22サッカー日本代表北京五輪アジア2次予選が行われましたが、我らがベガルタ仙台から選出されたFW萬代がスタメン出場&1得点の活躍です。すでに予選突破を決めている中で「お試し」の意味もあったんでしょうが、アピールすることは大事ですからね。PKの得点とは言え、キッカーを任されるっていうことがすごいと思うYO。試合後のコメントを見る限り、モチベーションも上向きみたいですね。ベガルタ唯一の日本代表として頑張ってほしいです。

そして悪いニュース。
ベガルタGKシュナイダー潤之介が練習中に負傷、右手3、4指関節脱臼骨折で全治3カ月と診断されました。オレの中では徐々に評価を上げてきていた選手だけに非常に残念。ベガルタのGKってなぜか大怪我をすることが多くて、前任の高桑も移籍早々骨折してましたね(その時の相手はエスパルス・・・)。そんなわけで控えの小針に再びチャンスが巡ってきそうです。GKの場合、サブには出番がなかなか来にくいものですが、小針には意外と出番が回ってきやすいんですよね。主力の怪我はまさか小針の呪いか?

今日の昼飯はほっかほっか弁当じゃ。

テーマ:ベガルタ仙台 - ジャンル:スポーツ

サッカー | 13:07:51 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
萬代が目立ったのはあのPKだけだったなぁ・・・
長友とか言う大学生がすげーよかった。
2007-06-07 木 18:57:00 | URL | やす [編集]
PKを蹴るということが重要だぜ!それが自信に繋がり好成績を納めてくれると信じているよ。
2007-06-07 木 18:59:33 | URL | けむ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。